横浜スパークリングトワイライト2019攻略|混雑状況・駐車場・交通規制情報

今年で8回目を迎える、海と港を舞台にしたイベント「横浜スパークリングトワイライト」が7月13日(土)、14日(日)に開かれます。

港に停泊している船をバックに繰り広げられる花火を楽しみにされている方も多いのでは?

ここでは、駐車場やオススメの交通手段などについてまとめましたので、参考になればうれしいです。

スポンサーリンク




混雑状況を予想|横浜スパークリングトワイライト2019攻略(横浜花火大会)

混雑状況は?

以前は横浜といえば神奈川新聞の花火大会が良く知られていましたので、「横浜スパークリングトワイライト」の認知度はあまり高くありませんでした。実際、横浜から30分圏内に住んでいる知り合い(20代)の女性二人に聞いたところ、二人から「何それ?」という答えが帰ってきました。

しかし、SNSの投稿などにより、最近は認知度も上がり、メイン会場の山下公園は相当混雑することが予想されます。


先日、日曜日に赤レンガ倉庫でのドイツビールのイベントに遊びに行ったときにも、ものすごい人で人酔いしそうでした。

そもそも、何のイベントもない土日でも山下公園や、赤レンガ倉庫などは人手がとても多いです。

花火が見られる場所はたくさんありますが、どこで花火を見るにして、早めに会場入りするほうがよさそうです。

帰りは、20:00に花火が終わってすぐ帰るよりも、中華街に足を延ばして食事をするなど、時間をずらすといいかもしれません。

なお、山下公園のリアルタイム混雑状況は、Google Mapからも確認できます。


無料の穴場スポットについては、以下の記事で書いています。 横浜スパークリングトワイライト2019攻略|穴場スポット5選!無料席で見やすいオススメの観覧席はどこ?

スポンサーリンク




臨時駐車場や交通規制情報|横浜スパークリングトワイライト2019攻略(横浜花火大会)

花火会場になる「山下公園」までの気になるアクセス方法や混雑状況は?

電車でのアクセス

・一番近いのは、みなとみらい線「元町・中華街駅」4番出口から徒歩3分ですが、一駅隣の「日本大通り駅」からでも徒歩7分なので、そちらから歩くこともできます。

・横浜市営地下鉄ブルーラインおよびJR根岸線「関内駅」からは徒歩20分。

・JR京浜東北線・根岸線「石川町駅」からは徒歩15分。

車の場合・臨時駐車場について

イベント会場には駐車場はありませんが、電車の本数は多いので公共交通機関で行ったほうが渋滞もなく、スムーズに到着できると思います

しかし、赤レンガ倉庫大桟橋駐車場馬車道駅周辺には駐車場もありますのでそちらを利用することもできます。

GSパーク 山下町駐車場
  • 住所:神奈川県横浜市中区山下町283
  • 料金:土日  8:00~24:00 30分500円
  • *22台しか停められないので、すぐいっぱいになってしまうかもしれません。
  • *こちらからリアルタイム駐車情報が見られます。
ワークピア横浜駐車場
  • 住 所 :神奈川県横浜市中区山下町24丁目1
  • 電話番号:080-5781-6025
  • 営業時間:08:00~22:00
  • 料 金 :【土日祝】当日最大料金2,400円
  • 詳細はこちらから(こちらの駐車場は予約もできます。)

交通規制について

ただし、山下公園周辺は時間により交通規制がかかりますので注意が必要です。

<実施日>
2019年は未定(昨年は、7月15日(日)13:30頃~16:00頃)

<規制場所>
2019年は未定(昨年は、山下公園通り)

注意
今年の交通規制情報については、まだ発表がありませんが、こちらの「2018年の交通規制について」を参考にしてください。

駐車場の予約

なお、昨年の情報ではありますが事前予約が取れる駐車場はこちらです。

事前予約・事前決済ができ、15分前から予約ができる「あきっぱ!」や「B-Times」という予約駐車場もあります。

駐車場が満車になってしまっていたり、待てない場合などの緊急時にも使えるので、おすすめです。

事前に会員登録が必要なので、準備しておくとスムーズに予約ができますし、お車をお持ちの方や、今回のような連休などの混雑時に今後も役に立つと思うので、登録しておいても損はなさそうですね!

予約できる格安駐車場【akippa(あきっぱ!)】

「B-Times」【タイムズ24運営】

開催概要・日時・場所|横浜スパークリングトワイライト2019

今年で8回目を迎える「横浜スパークリングトワイライト」。

今年は横浜開港160周年を迎え、海と港の魅力を身近に感じるイベントとして、様々なプログラムが準備されています。

下のツイートは昨年のイベントの様子です。

スポンサーリンク




横浜スパークリングトワイライト 概要

概要
  • 日 時:2019年7月13日(土)~7月14日(日)
  • 会 場:山下公園及びその周辺、公園前海上
  • 料 金:入場無料
  • 内 容:
    (1)海と港の魅力を満喫できる海上イベント
    ・花火の打ち上げ
    ・横浜市消防局や横浜海上保安部による海難レスキューデモ
    ・横浜港で働く船のパレード
    ・イルミネーションに飾られた船が港を彩るトワイライトジュエリーポート
    (2)山下公園周辺の賑わいをつくる陸上イベント
    ・山下公園通りでの世界の友好パレード
    ・公園内での横浜の老舗や世界の味を楽しめるシーサイドレストラン&バー
    ・様々なジャンルのステージライブ
    ・家族連れで楽しめるPR・ファミリーコーナー
  • プログラム
    シーサイドレストラン&バー:11:30~20:30、
    花火:19:30~20:00
    シップパレード:14:00~15:30、
    スパークリングパレード:14日14:00~16:00 ほか
  • なお、それぞれのイベント詳細は公式ページよりご確認ください。

こちらのインスタからはシップパレードの様子が見られます。

シロくん

なかなか見事な光景だね。

まとめ

日本の伝統的な大玉から多彩なデザインの創作花火まで、さまざまな花火が夜空と海面を彩る「横浜スパークリング花火」。

イルミネーション満載の豪華客船や、異国情緒あふれる横浜夜景とのコラボも見どころの一つです。

花火大会だけでなく昼間からライブステージやパレード、海難レスキューデモなどのイベントも行われているので朝から1日を通して楽しめそうですね。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)