扉の向こうHuluネタバレ5話|201あいりの父親に関する情報「あなたの番です」チェインストーリー

マンション「chiunque(キウンクエ)蔵前」での交換殺人ゲームに巻き込まれる住民たちの殺人事件を描くミステリー(原作脚本は秋元康)が老若男女、ミステリー好きの間でかなり話題となっています。

ここではメインのドラマ放送が終わった後に「Hulu(フールー)」で限定配信されているチェインストーリー「扉の向こう」の第5話のエピソードを視聴した感想と内容を書いています。

内容には、ネタバレを含みますので視聴が楽しみという方は以下のリンクからご覧ください。

「Hulu(フールー)」は最初の2週間は無料

「Hulu(フールー)」を試してみる

扉の向こうネタバレ5話|ドラマ「あなたの番です」チェインストーリー

第5話では、201号室の浮田啓輔と、娘のような存在である、あいり、弟子関係にある柿沼遼の話でした。

内容はあいりが遼に対してプロポーズの内容に喧嘩を売るって感じではありましたが、本編につながる要素として、

  1. 浮田家は収穫業をしているという点が主にポイントだったかなと思います。ヤクザということで、見た目から怪しいことをしている人たちに見えていましたが、実は解体業をしていて、そういった道具が多いのです。
  2. また、あいりの父親に関する情報で、あいりが父親を殺害したいと思っているほど恨んでいる点も、かなり本編にはヒントになりそうです。そのためにあいりは浮田さんに殺害方法を教わっているという経緯もあります。

本編では、警察の目を盗んで夜な夜な仕事をしている浮田、あいり、遼。

彼らの行為は、一体、どのような意味があるのか。それは収穫業とも関係があるのか。

父親はおそらくあいりを捨てた人間です。あいりはなぜそこまで父親を恨んでいるのか。

この辺がヒントになりそうです。

浮田家については、第9話の取り調べで、いろいろとはっきりしました。

詳しくは以下の記事で書いているので、気になる方は見てみてください。 あなたの番です/あな番9話|402の秘密をネタバレ!隠し部屋には黒島と男の子が…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)