祝・令和改元!雅子さま第1ティアラじゃない比較画像!やはり紛失か・価格やブランドを調査!

いよいよ平成が終わり、新しい時代「令和」がはじまりましたね!

令和元日となる5月1日には

  • 「即位後朝見の儀」
  • 「剣璽等等承継(けんじとうしょうけい)の儀」

が行われました。

新皇后となられた雅子さまのティアラが話題になっています。

ティアラは、女性皇族の象徴とされていますが、「第1ティアラ」は2003年以降姿を見せていないことから、行方不明が騒がれていました。

今回、雅子さまがお召しになっていたのは、「第1ティアラ」だったのか、画像を比較検証してみることにしました!

また、ブランド銘柄はどこのメーカーで、価格はいくらだったのか、気になったので調べてみました!

令和婚を報告した高橋みなみさんの指輪の価格とTシャツについて調べました!ネットで買えます! 高橋みなみ(たかみな)結婚|旦那・嫁Tシャツのネット通販あり!指輪の価格やプロポースの言葉がヤバい!

令和婚を報告した高橋みなみさんの結婚指輪のブランドは、カルティエとのことでした!しかも2つ!総額を調べてみた結果はこちら! 高橋みなみ(たかみな)結婚指輪のブランド「カルティエ」価格は総額60万円くらい?

スポンサーリンク




令和改元!雅子さまのティアラが話題

大変、厳かな式典でしたね。

なんというか、新しい時代が始まる感じがして感動してしまいました!

皆さん、注目だったのは雅子さまのティアラだったのではないでしょうか。

スポンサーリンク




女性皇族は、ローブデコルテとローブモンタントがあり、ティアラ(宝冠)とネックレス、長手袋のこの礼装がおなじみですが、

それよりもより正式なものが、以下の「マント・ド・クール」というものらしく明治時期に規定されたとのこと。

ちなみに白いドレスは「マント・ド・クール」

(出典:FNN

今回雅子さまがお召しになっていたのは、長袖版の「マント・ド・クール」と報道されていました。

さすがに5月も1日となれば、寒いですもんね!

雅子様ティアラ【比較画像】やはり紛失か?

何れにしても、ティアラは、その象徴的な存在ですが、

皆様それぞれのティアラをお召しになっていて、よく見ると形が異なっています。

皇室には少なとも20個余りのティアラが存在する計算になります。

1993年、皇太子との結婚の際にも身につけていた「第1ティアラ」は、次代の皇太子妃であり、未来の皇后となる雅子様へと美智子様から代々受け継がれたもの。

こちらが第一ティアラです。

スポンサーリンク




<第1ティアラ>

 

(出典:FNN

<今回お召しになっていたもの>

うん、これは「第1ティアラ」ですね!

ちなみに「第2ティアラ」は、こちら。

<第2ティアラ>

1993年以降、「第1ティアラ」は姿を見せていないことから、紛失してしまったのか。

盗難にあったのか。それで雅子様は体調を崩されたのかとネットでは話題になっていました。

ネットでは、以下の形のものを「第1ティアラ」とされていますが、当ブログでもご指摘を受けてしまいましたが、どうやらネットの画像はデマみたいです!

(出典:FNN

MEMO
「第1ティアラ」は、明治天皇の皇后である昭憲皇太后から約130年続いているもので、着用しやすいように上が取り外しができるようになっている。

だから、デザインが異なって見えているのが、紛失したと言われる原因なのかもしれません。

大粒のダイヤモンドが一番の特徴でこれさえ、見失わなければ、「第1ティアラ」だと確認できます。

価格やブランドを調査!

眞子さまのティアラは「和光」謹製で2850万円。佳子さまはミキモト謹製にて2892万円。と言われています。

今回、雅子さまがお召しになっていたもののティアラの制作や価格については、テレビでもまだ情報が入っていません。

こちらは、続報が入り次第、お伝えしていきます。

こちらもおすすめ!関連記事

改元に関する儀式の名称やこの後どんな儀式があるのか、パレードはいつなのかなど、気になる点を表にまとめました。 新天皇・改元スケジュール(儀式/パレード)図解|一般参賀は4日・退位は30日・新天皇即位は1日

令和婚を報告した高橋みなみさんの指輪の価格とTシャツについて調べました!ネットで買えます! 高橋みなみ(たかみな)結婚|旦那・嫁Tシャツのネット通販あり!指輪の価格やプロポースの言葉がヤバい!

令和婚を報告した高橋みなみさんの結婚指輪のブランドは、カルティエとのことでした!しかも2つ!総額を調べてみた結果はこちら! 高橋みなみ(たかみな)結婚指輪のブランド「カルティエ」価格は総額60万円くらい?

スポンサーリンク




7 Comments

アン

良く勉強して下さいよ。今回雅子さまか着用していたのは皇后の第一ティアラ。して皇太子妃の第一ティアラは紀子さまが受け継がれ今回着用されている。

返信する
ヤダヤダ

雅子皇后がお召しになっていたのは「皇后の第一ティアラ」です。
ちなみに、何故か皇太子妃でもない上に立皇嗣の礼もまだの秋篠宮妃が「皇太子妃の第一ティアラ」をお召しでしたね。

返信する
アン

行方不明とされてきたのは皇太子妃の第一ティアラ。しかし今回紀子さまが着用されてたので所在が判明しましたね。雅子さまがずっと着用していた皇太子妃の第二ティアラも紀子さまに受け継がれた筈。

返信する
Fukushima DASH Mura

確かに皇太子妃ではありませんが、皇嗣も皇太子同様の扱いになると、随分前に報道されていますし、政府や有識者会議・皇族会議を何度も重ねられ、皇室典範に今回の生前譲位(生前退位)特例法が追記され、去年から既に『皇太子』『皇嗣』の違いと、立場や扱いは同等になる事など、メディアによる報道で明らかにされています。
皇后陛下ティアラ・皇太子妃ティアラは、明治天皇皇后両陛下の時代から、受け継がれてきているので、皇太子同様の皇嗣妃殿下である紀子さまが、雅子さまより皇太子妃ティアラを受け継がれても、何の不思議でもない事です。
尚、皇室・皇族の女性のティアラは、金属部分全てプラチナですので、頭皮を圧迫する力も強く、重さもあるので、譲位前の美智子皇后陛下は、首の持病に差し支えるとし、余程のことがない限り、かなり前からティアラを着けていませんでした。
雅子さまも、適応障害の前兆などで、段々と公務が出られなくなった事で、ティアラの重さや圧迫が耐えられないようになっていたと推察されます。
数年前から少しずつ公務に出られていますが、確かに第二ティアラばかりでした。
これも私の推察ですが、たまにしか公務に出られないのに、第一ティアラを着けるのは気が引けてしまい、第二ティアラをつけられていたか、第一ティアラより第二ティアラの方が若干軽く、圧迫感も若干少なめだったという事も考えられます。それは、当時の美智子皇后陛下がお歳を重ねられてから、第二ティアラを多くつけられていた事に共通するのではないでしょうか?
適応障害は、精神疾患の一種ですし、私自身も20代最後に精神疾患を発症してから少しずつ、下着や衣服の圧迫感がキツく、息苦しさを感じて衣服の好みが全部変わりました。
体型維持機能の下着・衣服は、血の循環を悪くし、貧血や動機・息切れなどの原因になるからです。なので、なるべくゆったりとして、身体に負担のかからないようになっていくのです。

健常者・若さ・体力的に問題がない方々には、その心身的なダメージは、実際なって経験しないとわかりません。
以前より、第一ティアラの事があれこれと囁かれているのを見聞きして来ましたが、昨日の『即位後朝見の儀』にて、雅子さまのティアラが、美智子皇后となられた時にされていたものと判断出来ましたし、紀子さまが入られる際に昨日(平成31年4月30日)までの約30年間、同じティアラをつけていらしたものより大ぶりで、ボリュームのある事が直ぐ判断出来、画像をあれこれ探したところ、雅子さまが皇太子妃になって着けられていたティアラだと確信出来ました。

憶測で、勝手にあれこれ10数年間も言われていた、皇太子妃時代の雅子さまの潔白が証明された日でした。
これからは、秋篠宮様が皇嗣殿下・紀子さまが皇嗣妃殿下と称されますが、皇太子と皇嗣は同等の扱いで、皇位継承一位であり、悠仁様が二位・上皇陛下の弟宮・常陸宮殿下が三位と、男性皇族が僅か3人になり、平成より令和の方が益々大変になります。
降嫁された元女性皇族の方々も、皇籍離脱したとはいえ公務を続けていらっしゃいます。平成の時代に次々と男性皇族の方々が薨去されてしまった事で、女性皇族の方々が引き継いでいるからです。

ガセネタを、憶測で記載投稿するのは、いかがなものかと思われます。
新皇后陛下となられた雅子さまに、どうやって謝罪されるおつもりでしょうか?
出来ません。私達国民が個人的な喧嘩・憶測・潔白後に、直ぐ謝罪出来るようなお立場ではないのです。
皇室・皇族の方々を突つくより、デタラメな政治をしている現政権・政治家を突いた方が、ずっと良いのではありませんか?

長文、失礼致しました。

返信する
siioko

長文ありがとうございました。
そうですね、憶測はよくありませんね。

>数年前から少しずつ公務に出られていますが、確かに第二ティアラばかりでした。
これも私の推察ですが、たまにしか公務に出られないのに、第一ティアラを着けるのは気が引けてしまい、第二ティアラをつけられていたか、第一ティアラより第二ティアラの方が若干軽く、圧迫感も若干少なめだったという事も考えられます。それは、当時の美智子皇后陛下がお歳を重ねられてから、第二ティアラを多くつけられていた事に共通するのではないでしょうか?

なるほど…

そういうことも考えられますね。


憶測で、勝手にあれこれ10数年間も言われていた、皇太子妃時代の雅子さまの潔白が証明された日でした。

潔白が証明されてよかったです。

令和も良い年であるといいですね。

運営より

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)