大坂なおみ 13才の時のコーチ・名前はジーン(画像アリ)!訴訟理由がヤバい…サーシャバインコーチと契約解消に関係?

先月サーシャ・バイン氏とコーチ関係を解消したことで話題となっていた大坂なおみ選手が、13才の時のコーチに2億円の訴訟を起こされているというニュースが入ってきました。

  • 13才のときのコーチって誰?
  • Christophe Jean(クリストフジーン)氏とは?
  • 訴訟理由は?

などについて調べました!

スポンサーリンク




大坂なおみ 13才の時のコーチって誰?画像あり!

16日付の米フロリダ州のサン・センチネル紙が報じた内容によると、

  • 大坂なおみ選手の父親フランソワ氏と原告の男・Christophe Jean(クリストフジーン)氏がなおみ選手の妹のマリを指導するために、「賞金の20%を永久に受け取る契約を無制限に結んでいた」
  • この点について今になって主張。契約書は1ページながら実在。
  • 大坂なおみ選手の生涯獲得賞金は約12億円で、20%は約2億4000万円にもなるとか。

ジーン氏と言う男性が訴訟の背景にいるようです。

スポンサーリンク




Christophe Jean(クリストフジーン)氏とは?

この方が、当時のコーチなのかは、不明ですが、以下の記事では写真も掲載されています。

記事によると、本来は訴訟するつもりはなかったものの、父親が「弁護士を雇う」と言い出したので、彼も弁護士を雇ったようです。

大坂なおみ選手側の弁護士・Alex Spiro(スピロ)氏は、NBAスターのThabo SefoloshaとMatt Barnesを擁護した経験もあり、「なおみが急成長したので訴訟が起こっても驚きはしない」とした上で、「見たこともない“契約”など、本当にばかげている」と契約書の無効を訴えているとのこと。

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)