広稜・中村楓大(なかむらふうだい) プロフィール・ドラフトレポート「日本代表の経歴を持つ広陵攻撃の要」

2019年3月23日についに開幕しました、春のセンバツ高校野球。毎日熱戦が繰り広げられている中でもプロ注目選手たちが、毎年秋に行われるドラフト会議に向けて、絶賛アピールちゅうです。

甲子園出場常連の広陵高校ですが、今回春のセンバツは6年ぶり24回目となります。

ここでは、広陵高校の注目メンバーのひとり、広陵高校4番の中村楓大(2年)選手のプロフィールから、注目ポイントをご紹介していきたいと思います。

中村楓大(なかむらふうだい)プロフィール

名前:中村楓大(なかむらふうだい)

利き腕:右投げ右打ち

身長:175cm

体重:78kg

学歴:山口県岩国市立灘中学→広陵高校

野球経歴:広島安佐ボーイズ

(世界少年野球大会で日本代表に選出)

その後、広陵高校に進学

 

広陵打線を引っ張る注目打者。

ファースト、サードを守ることが多い内野手。

フルスイングが魅力的な選手で、ホームラン量産が期待されます。

中学時にボーイズリーグの日本代表に選出 。

広陵では1年秋に4番を任さられ、2年夏の甲子園では調子を崩し背番号14となりましたが、新チームから4番を任されています。

昨秋の神宮大会では奥川恭伸投手擁する星稜高校に7回コールド負け。
星稜戦では3打数無安打という結果になってしまいまったため、今回はその悔しさが糧となり、どのような結果となるのか、楽しみなところです。

注目ポイントはフルスイングを活かした、長打期待のバッティング

 

広陵高校の4番らしい長打期待の選手です。この春も是非活躍して欲しいですね!

まとめ

いかがでしたか?

甲子園に出場する高校の4番選手は良く注目されますが、中村選手は日本代表の経験もあるということで、特にバッターとして注目されています。

前回の悔しさを晴らすことができるのか!?

見どころですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)