レポ|香取慎吾 初個展行ってきた!チケット当日券・おすすめの座席やグルメやグッズを紹介!

SMAPの香取慎吾さんのNIPPON初個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」の入場者数が10万人を突破!

今話題のイベント、実際に足を運んできました!よかった!おもしろかった!

長い10連休、GW期間中にぜひ、みなさんにも行って欲しいということで、

香取慎吾さんの初個展、

  • 開催時期(開催期間と休業日)
  • 当日券を含むチケット情報
  • 会場やアクス
  • グッズに記念品

さらには評価や感想までまとめてみました!

イベント詳細|香取慎吾 個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」

香取慎吾さんといえば、国民的アイドルといわれるSMAPのメンバーの1人でしたが、SMAP時代から絵を描いたり、ライブの企画をしたりと、その芸術的才能は一目おかれていました。

2016年12月のSMAP解散後は、テレビ局のジャニーズ事務所への忖度のためか、テレビ露出がぐっと減ってしまいましたが、「新しい地図」として草彅剛さん、稲垣吾郎さんとともに活動する傍ら、好きな絵を描き続けていたようです。

2018年9月に、パリのルーヴル美術館地下「カルーセル・デュ・ルーヴル」にて個展を開催した香取さんの日本初個展に、ファンだけでなく注目が集まっています。

まずは、基本情報からお知らせしましょう。

イベント詳細

イベント詳細
  • 個展企画:香取慎吾NIPPON初個展・サントリーオールフリーpresents「BOUM ! BOUM ! BOUM !」!!
  • 開催日時2019年3月15日(金)~6月16日(日) 全88日間(休館日:3/19(火)、4/2(火)、4/16(火)、5/7(火)、5/21(火)、6/4(火))
  • 公演時間:10:00、11:15、12:30、13:45、15:00、16:15、17:30、18:45、20:00

※各回350名入場可能。各回120分の入れ替え制
※本開場は各開演時間の20分前
※同じ日に2公演連続で鑑賞希望の場合、2公演目の入場時間に間に合わない可能性があるため、1回以上間隔を空けての鑑賞が無難です。

会場の様子

来場者は、客席で約10分間の映像作品を鑑賞したのち、目の前のスクリーンが開き、舞台が広がります。

ステージ上はA、B, C3つの展示エリアに別れ、ステージ Aは「脳」迷路、「心臓」ドーム、「口」アーケードという身体をテーマにした3つのゾーンで構成されています。

ステージ Bは、2018年にパリで開催された『NAKAMA des ARTS(ナカマ・デ・アート)』展で発表した作品が展示されています。

すべて初公開となる作品は、最後のステージCに展示されています。

ちなみに「BOUM!」とは、フランス語で「ドキドキ」という心臓の鼓動音をあらわし、会場には香取慎吾さんの制作中の心臓の鼓動音に触れることができる作品もあります。

チケットはどこで買える?当日券はあるの?|香取慎吾 個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」

チケット販売期間&購入先

開催期間が3/15(金)~6/16(日)という長期間にわたるため、下記の第一期、第二期、第三期に分けてチケットが販売されています。

チケット販売期間
  • 第一期:3月15日~4月15日(終了)
  • 第二期:4月16日~5月20日販売中)
  • 第三期:5月22日~6月16日販売中)

現在、第二期以降のチケットが一般発売され、以下で購入可能です。

チケット料金

チケット料金(全席指定/税込)
  • 一般     :3,500円
  • 高校生・中学生:3,000円
  • 子供(小学生以下):2,500円

※3歳以下の入場不可
※4歳以上の未就学児の入場無料(保護者1名につき子共1名までひざ上で鑑賞)
※座席が必要な場合は有料(子供料金)。

また、eプラスでは、WEB限定で17:30/18:45/ 20:00 開演の回に限りお得なナイトペアチケットがあります。

ナイトペアチケット

【料  金】1セット(2名)6000円(税込み)
【発売期間】4月13日(土)10:00~各公演前日18:00まで(先着順)
※1公演2セットまで
※予定数に達し次第受付終了。当日券はなし。

1名3500円のところ3000円になりますから500円もお得ですね!

当日券は買えるの?

各日、朝9時30分より、全公演回(貸切公演回を除く)の当日券が販売されています。

ただし、後述のように、注意点があります。

  • 開演時間:10:00、11:15、12:30、13:45、15:00、16:15、17:30、18:45、20:00
    ※1回公演あたり350名入場。各回120分の入れ替え制
    ※本開場は各開演時間の20分前予定
注意
  • 注意点
    ※枚数制限:1人2枚まで。(連席で購入の保証はなし)
    ※支払いは現金のみ。
    ※当日券は、予定枚数が終了した時点で該当回の販売は終了
    ※座席は選べません。
    ※高校生以下の方は学生証(or身分を確認できる証明書)が必要。

せっかく、会場に行っても、当日券が完売の可能性もありますので、できれば事前に購入しておいた方がいいですね。

座席図|香取慎吾 個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」

こちらが、座席図です。

前1300席余りのうち、1回の公演で350席のみ(座席中央部)を使用しています。

以下が座席のCG画像です。

10分間の映像を見ているときに、座席が回転しているのですが、壁が回転しているように感じられました。

そして、どこの席に座っていても、見にくいことはないと思います。

グッズや記念品はあるの?|香取慎吾 個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」

SMAPライブでも、会場で必ずグッズが販売されていましたが、個展会場のステージアラウンドでも、オリジナルグッズが販売されています。

グッズは、「BOUM!」という心臓の鼓動に合わせた赤いハートマークをメインに香取慎吾さんのこだわりが沢山詰まったアイテムになっています。

グッズ一覧&値段(価格)

 

上の図がグッズ一覧表です。

以下に書き出してありますので、参考にしてください。

1.BOUM! BOUM! BOUM! SHINGO KATORI 香取慎吾作品集
9,990円(税込) *こちらだけは一人5点まで
2.マグネット(3個セット)1,200円
3.ポストカード(5枚セット)1,200円
4.A4 クリアファイル(3枚セット)1,000円
5.マスキングテープ(2本セット) A・B 各800円
6.ハンカチタオル 各1,100円
7.マグカップ 各2,500円
8.プレート 各3,000円
9.スマホリング 2,300円
10.A5ノート 1,000円
11.キーホルダー A 1,200円
キーホルダーB 1000円
12.Tシャツ(S/M/L)各3,500円
13.トートバッグ 3,000円
14.色鉛筆 1,200円
15.A4ステッカー 500円
16.ショッパー 500円
注意

※一人各10点まで購入可能
※表は、税込表示価格

グッズ購入方法

会場正面入り口から入るとすぐ目の前に、グッズ売り場があります。
チケットを見せてから、購入列に並びますが、購入は鑑賞前か鑑賞後のどちらか一回のみになりますので、一度購入して列を離れると、「やっぱり○○も、ほしい!」と思っても列に並ぶことはできせん
チケット裏に購入済みスタンプが押されているのです。

売り場列の前に、グッズ一覧が書かれたボードがあるので、そこで購入するものを確認してから列に並ぶと買い忘れがなくていいでしょう。

時間的には、入場者数が限られているのでそんなにかからないと思います。
4月の初めに行きましたが、私は列に並んでから10分程で買えました

でも、事前に確認していなかったので「あー、あれも買えばよかったー」と観賞後に思い、失敗でした。第3期にまた見に行って、買うつもりです!

ちなみに以下3点を購入しました。

購入品リスト

ファイル3枚組

キーホルダーA

キーホルダーB(裏は黒)

記念品は『令和』と記されたポストカード

会場には、開演の30分前からしか入場できませんが、チケット1枚につき「令和」と書かれた香取慎吾さんの作品のポストカードが1枚、入場時にもらえます。

また「新しい地図」にて購入したチケットを持っていると、正面入り口右側の引き換え窓口で特製ミニファイルが一枚もらえます。(入場後でも大丈夫です)

記念品のミニクリアファイル

表面と裏面

カフェもお楽しみのひとつ|香取慎吾 個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」

IHIアラウンド内カフェとは?

グッズ売り場の他に、小さいスタンドカフェが入り口から入ってすぐ左手にあります。
メニューはこちらからご覧下さい。
IHI公式ツイートです↓


ジュースやコーヒーに加えて、サントリーオールフリーpresents主宰なので、当然オールフリーもあります。

ハートどら焼き (1つ450円)とハート最中(1つ 300円:白、ピンクですが、 色は選べません。)がおすすめです。

ハートどら焼きは、イチゴ餡とホイップクリームが入っていて、美味しいです。
ハート最中2つは、お土産に買って帰りました。運よく、白とピンクが1つずつでした。

評価や感想(作品写真も紹介!)|香取慎吾 個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」

既に第1期に見た方々の感想を紹介しましょう。

実は、2018年9月にパリのルーブル美術館地下「カルーセル・デュ・ルーブル」で香取さんが初めて個展を開いた時には、専門家からはあまりいい評価は得られなかったようです。

ルーブル美術館で個展が開催されることが決まった時、 美術専門出版社「アートダイバー」代表の細川英一さんは、

「ルーヴルの衝撃はちょっとこたえるな。これまで作家や批評家や美術史家が積み上げてきたものが全て無意味と認定されたような」

とツイートしており、あまり良く思っていないようでした。

しかし、ルーブルでも見て、今回の個展も見た彫刻家の吉田孝也さんは、次のようにツイートしています。

これ以前にも、香取さんは1998年に『しんごのいたずら』という画集を出していますが、芸術家の草間彌生さんは、この画集をみて、

「わぁ、この人は絵描きになったら世界的に有名になるんじゃないかしらって思ったの。あなたの絵からも愛を感じます。作品集にあるキスの絵なんて、“絵描き”と呼ばれる人は恥ずかしがって描かないけれど、あなたは描く。あなたの絵は全部好きよ」

とコメントされていました。

私は、芸術については疎いですが、そもそも、芸術に評価が必要なのでしょうか?

あのピカソだって、はじめは「なんじゃこりゃ?」と思われていましたし、時代によって「素晴らしい」とされる作品は違ってきます。写実派など、派閥によっても違いますし、当然、専門家の意見だって異なることでしょう。

つまり、香取慎吾さんの作品は「香取派」なのだと、私は思うのです。

香取慎吾さんの作品は、ポップな色遣いがその特徴といわれていますが、先日のテレビ番組で「色を選んでいない」と言ってらっしゃいました。

「描きたい」気持ちがあって、そこに色をのせるだけだと。

今、これだけ世間に注目されてるということが、香取慎吾さんへの一番の「評価」ですね。

そんな香取さんの作品の一部を紹介しますのでご覧ください。

作品の一部を紹介!!

会場は3つのセクションにわかれ、そのうちの2つのセクションでは、撮影が許可されていましたので、その作品の一部を紹介しましょう。

テレビ等でも紹介されている『令和』と書かれた壁一面の作品。これは、4月1日に新元号が「令和」と発表されてから香取さんが会場に足を運び、書き加えたものです。

そして、次のツイートを見ると、さらに描き加えられていることがわかります。

実際に香取さんが描く場面に遭遇した方もいて、うらやましいですね。

この作品には触れることができます。触れると、香取慎吾さんの心臓の鼓動を感じることができるのです。

 

こちらはBMBとコラボして実際の車にアートしたもののミニチュア版です。

 

この作品は、1月にミッドタウン日比谷に展示されていました。

 

これは、NAKAMAdeART作品のドレスです。

 

ガラスの向こう側からのぞくと、慎吾ちゃんモチーフ「黒うさぎ」になって写真が撮れる、遊び心満載の作品もあります。

他にも慎吾さんの髪の毛を張り付けて作った作品など多数の作品があり、2時間たっぷり堪能できますので、ぜひ会場でご覧ください。

また、会場を出る最後に、希望すれば次のツイートのように、香取さんの腕の彫刻と一緒に写真を撮ることもできるのが素敵ですね。

あの人も来場!|香取慎吾 個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」

香取慎吾さんのファンはもちろんのこと、芸能界のあの大物も足を運んでいます。


仮装大賞で一緒に司会をしていた、あの欽ちゃんこと、萩本欽一さんですね。

 


こちらは、スマステーションで一緒に司会をしていたアナウンサーの大下容子さんです。

舞台や映画で、何回かご一緒されている三谷幸喜さんもいらしたようです。

場所・アクセス|香取慎吾 個展「BOUM ! BOUM ! BOUM !」

IHIステージアラウンド東京は周囲を取り囲む360度全てに展開されるステージ、その中心に巨大な円形の観客席を配置。
巨大なお盆に乗った観客席、それ自身が回転しながら、舞台、映像、音楽、照明、全てが画期的な方法で融合することで、これまでにない感覚を体験させてくれるアジア初の没入型エンターテインメント施設です。
今まで誰も観たことも体験したこともないダイナミックな舞台、これまでの常識すべてを覆すステージアラウンド劇場が日本のエンターテインメント界に革命を起こします!  引用 TBSステージアラウンドホームページ  

展示会場「IHIステージアラウンド東京」は上記のように360℃回転する円形劇場です。

会場の場所&アクセス
  • 【住  所】東京都江東区豊洲6-4-25
  • 【T E L】 03-5144-0360
  • 【アクセス】

・新交通ゆりかもめ「市場前駅」北口より徒歩1分
・都営バス「市場前駅前バス停」より徒歩2分
・都営バス「新豊洲駅前バス停」より徒歩6分
駐車場、駐輪場はありません。

正面図

横から見た建物

まとめ

今やアーティストとして、カルティエ、BMWなど有名ブランドと次々にコラボし、ルーブル美術館や香港での出展、東京タワー60周年、東京ミッドタウン日比谷、帝国ホテル、NAKAMAdeARTなど、多数の作品を世に送り出している香取慎吾さん。

今回のNIPPON初個展で、これまで手掛けた作品から、今回初披露の作品までが一堂に見られる絶好の機会です。

GW後半の予定に入れてはどうでしょう。香取慎吾さんの心の中を、除いたような気持になれること間違いなしです。

WEBチケットや、お得なペアチケットもありますし、当日券もあります。

ただ、テレビや雑誌等でも評判になっているので、早めにチケットをゲットしておいた方がよさそうです。

つい先日は、来場者が10万人を突破した記念にIHIアラウンド東京に、本人がサプライズ登場しています。

まだまだ未完成の作品もあるので、また描き加えに来場する予定だとのことです。

目の前で、香取さんが作品を作るところに遭遇できるかもしれません。

そして。。。

SMAPで末っ子といわれていた香取慎吾さんの一番上のお兄さん二人(2 Top)も、もしかしたら見に来るのでは?と期待せずにはいられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)