狩野川台風なぜ1200人が被害に?進路・雨量・気圧は台風19号と被る模様?

10月12日、新たな記録が生まれるかもしれません。1958年9月に首都圏や静岡・伊豆半島において観測史上いちばん大きな被害をもたらしたと言われる「狩野川台風(かのがわたいふう)」。

気象庁によると今回差し迫っている台風19号は、これに匹敵するものだというのですが、狩野川台風の被害は61年前の過去のものとなってしまいリアルに知り測れることはできません。

ここでは、一体どのような被害があったのか調べています。死者数、行方不明者数、進路コース、そしていまだに破られていないという最大雨量を数字で確認していきましょう!

台風19号が関東・東海に迫る

台風19号の進度が非常に気になりますね。

午前8時の情報によると、中心気圧は935ヘクトパスカル、最大瞬間風速は65メートル、時速20キロで北へ進行中。

12日(土)夕方から夜にかけて静岡県か神奈川県あたりに上陸するという進路をとっているそうです。

気象庁は、今回の大型台風を狩野川台風に匹敵するレベルと発表しています。

ところで、狩野川台風というものを初めて知ったという方も多いのではないでしょうか。

かくいう私が初耳のことでしたので、今回の台風がどれほどのものなのか、あらかじめ知っておけば防災意識も高まるだろうということで、調べてみました。

狩野川台風とは?

狩野川台風とは、1958年9月に首都圏や静岡・伊豆半島において観測史上いちばん大きな被害をもたらしたとされる台風です。

名前の由来となっている狩野川は、静岡県の伊豆半島を流れ鮎釣りで有名な川と言われています。農業用水としてはもちろん陸上交通の整備が進むまでは、舟による輸送経路として人々の暮らしと密接に結びついていた・・・

そんな川が牙を剥き、狩野川が氾濫したことからこの時の台風が名付けられたそうです。

Twitter上でも、狩野川台風の被害状況はいかに深刻だったのか、画像や動画がいくつか投稿されています。

やはり61年前のこととなり、その被害を生きて語れる方というのは、少なくなっているようです。

海に近い場所ではまるで津波のように水しぶきをあげ、住宅が浸水し車やトラックが簡単に流されています。人々が高いところを求めて骨格だけが残った線路の上で救助を待っているのでしょうか。どうすることもできずに途方に暮れている様子が映されていますね。

死者・行方不明者数|狩野川台風の被害まとめ・画像・動画

死者・行方不明者数は合わせて1200名を超えています。

内訳は、死者888人、行方不明者381人、負傷者1138人、住宅全壊2118棟、床上浸水13万2227棟の被害をもたらしました。

死者・行方不明者数を合わせて1000人を超える人が伊豆半島での被害者だったようです。

慰霊碑は静岡県伊東市にある?

より詳しい被害状況は、伊豆の国市のPDFにまとまっています。

伊豆長岡駅西側をはじめ川沿いの近くや狩野川記念公園など慰霊碑は多数存在しているようです。

進路コースおよび雨量|狩野川台風の被害まとめ・画像

61年前の9月26日、静岡県・伊豆半島をかすめたかと思うと、さらに翌27日未明には神奈川県三浦半島に上陸。

01時頃、東京を通過します。

その後、早朝に三陸沖に進んで海岸沿いを北上、夜に青森県の東海上付近で温帯低気圧に変わりました。

東京で371・9ミリ、横浜でも287・2ミリを記録し、現在も観測史上1位の記録を保持しています。一方で、北上するにつれて急速に勢力は弱まり、風による被害は少なかったようです。

台風だけの被害でここまで甚大な被害というのは、私自身生まれて初めて聞きました。

しかし、今回の台風19号はこれに匹敵すると言われています。さらに台風19号の進路予想もまた、静岡、神奈川を通るルートと予想されています。

最新の情報は、随時ネットニュースやツイッターなどでご確認ください。

一部地域では、徐々に避難勧告や出されていますが、身の危険を感じたら台風が強くならないうちに避難したほうがよいでしょう。

なぜここまでの被害が?

狩野川台風では上記のように多大な被害をもたらしたことは言うまでもありません。

この台風を皮切りに、宅地造成の規制が求められ62年に宅地造成等規制法が施行。

狩野川の氾濫に対処するため、1965年7月に狩野川放水路が完成するなど、対策が講じられてきました。

実は、この水路は台風より前に建設が始まっていたものの間に合わなかったようです。

また、当時はこうした水難などの情報は現代のように誰もがアクセスできるものでもなく、言い伝えでしか知れなかったと言うのも原因かも知れませんね。

人々の防災意識はより強固なものになっていますし、61年前の教訓を忘れず行動していくことで被害は抑えられるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)