女子サッカーW杯2019|注目選手4選!メンバーのカワイイだけじゃない見所を独自アンケート。

6月7日から7月7日にかけてフランスで開催される「FIFA女子ワールドカップ2019」で注目の選手を独自アンケートしました。

みなさん、どの選手に注目されているのでしょうか。

かわいいと容姿が人気の選手もいますが、それだけじゃない、強さが武器の選手もご紹介します。

スポンサーリンク




第1位・鮫島彩(さめしまあや)|女子サッカーW杯2019年・注目選手

第1位にランクインしたのは、DF3鮫島彩選手です。

  • 生年月日:1987年6月16日生まれ
  • 出身:栃木県出身
  • 高校:常盤木学園(宮城・〝なでしこの虎の穴〟と呼ばれる女子サッカーの名門高校 )
  • 経歴:東京電力マリーゼに入団→2011年米国へ移籍→昨年W杯後にモンペリエに移籍。現在は仙台。

人気の理由は?

  • 長年、日本代表を経験しベテランの域に達し様々な局面での対応ができることと若手のお手本になる存在。献身的なプレースタイルもいいです。長身はDFで強みでもあります。なにより美人でファンなので応援しています。
  • 鮫島彩選手はなでしこジャパンを長年引っ張ってきた選手の1人だと思います派手さはありませんが正確なパスディフェンスは見ものですね安定したプレーを続けて欲しいですしこの先も第一線で活躍して欲しい選手です
  • 鮫島選手は過去W杯優勝時の主力メンバーであることや、海外でのプレー経験も豊富です。年齢的にもチームを引っ張る立場の選手であり、チームメイトからの信頼も厚いと感じます。サイドバックは厳しいポジションですが、なでしこJAPANの総合力を高めてくれる選手だと思います。
  • 日本代表歴が長く、現在の日本代表の中でも数少ないFIVAワールドカップの優勝メンバーであり、海外クラブの所属経験がある。大きな舞台では、若手の勢いや中堅の頑張りの他に、ベテランの経験が必ず必要になると思うので、注目です。
  • 美人サッカー選手として有名で、代表歴は10年以上のベテランなのでチームを引張って行ってくれると思います。また、2015年度は準優勝と悔しい思いをしているのでその悔しい思いをバネに2011年度同様優勝を狙って行ってほしいと思います。
  • 日本をワールドカップで優勝させた中の一人ですベテランの選手でDFを引っ張っていけると思いますし能力も高いから活躍してくれると思いますそして可愛いから応援しがいがあります
  • U-18の頃から日本代表に選ばれ、数多くの試合に先発出場するなど長年の豊富な経験があるからです。無駄のない動きで頭脳プレーに長けており、あまり左サイドを崩される場面がなく守備において高い技術を持っている選手だと思います。

注目理由としては、美人であることは言わずもがなですが、長年日本代表でチームを牽引してきたベテランである、海外経験がある、正確性や安定性といった点が挙げられているようです。

スポンサーリンク




第2位・岩渕真奈(いわぶちまな)|女子サッカーW杯2019年・注目選手

第2位にランクインしたのは、 FW8・岩渕真奈(INAC神戸レオネッサ)選手です。

  • 生年月日:1993年3月18日生まれ
  • 出身:東京都武蔵野市出身
  • 高校:東京都立小平西高等学校
  • 経歴:2011年駒沢女子大学に進学→2012年ドイツ・女子ブンデスリーガのTSG1899ホッフェンハイム(当時2部)への移籍→2014年バイエルン・ミュンヘンへの移籍を表明→2017年INAC神戸レオネッサに移籍
  • 岩渕良太は実兄

人気の理由は?

  • 私は小学生時代からサッカークラブに所属をしていました。サッカーを始めたきっかけはテレビで岩渕真奈選手の素早いドリブルに魅力を感じてサッカーを始めたからです。私は身長は小さいけど岩渕真奈選手も身長は小さい事で勇気を頂いた事も理由です。
  • 岩渕真奈選手は3度目のFIFA女子ワールドカップ出場で、2011年のFIFA女子ワールドカップ優勝メンバーの一人。”マナドーナ”と呼ばれるドリブル突破が魅力で、アタッカーとしてチームに変化をもたらす存在として期待しています。
  • 何よりも圧倒的なドリブルスキルを駆使して、敵を抜いて行く姿に見とれてしまいます。若くしてW杯優勝メンバーになるものの、主力として迎える今回に期する思いは人一倍強いものと思います。そうした、スキルとメンタルを兼ね備えた岩渕選手はイチオシです!
  • 彼女にとって今回の仏大会でW杯は3度目の参加となります。前2大会は彼女独特の攻撃的なドリブルで我々を魅了し日本の勝利に貢献してくれましたが、現在の所属クラブであるINAC神戸レオネッサでの最近のプレーを見ていると、ドリブルだけでなく周囲の選手を上手に使える巧さも身に着けており、今大会でもきっと我々サポーターに歓喜をもたらしてくれることでしょう。
  • U17,U20,オリンピック、ワールドカップとすべての大会に出場し、結果を残している選手。今回も期待したい。FWなので、点を取るには欠かせない選手です。日本代表になくてはならない選手ですので、ここ一番でのゴールに期待したいです。
  • この選手はなでしこに入団してから動きが川澄奈穂美2世だとテレビで拝見して感じたんで動きとか素早くてFWとしていは流石だなあと感じました。個人的にはルックスも良いし瞬発力と言うか天性の物が備えられているんで間違いなく活躍します。
  • まず、安定してボールキープができているしゲームを組み立てる上でなくてはならない存在だからです。あと代表歴が長くて経験値があるところも好きです。ボールのキープ力もあるし正確なシュートとここぞという時に決めるストライカー要素も好きです。
  • 女メッシとゆうあだ名がつくほどのドリブラーだし、テクニックも男顔負けの才能を持っているのでバンバン得点源になってほしいです。フィジカルも強いので迫合いも強い。

第3位・熊谷紗希(くまがいさき)|女子サッカーW杯2019年・注目選手

第3位にランクインしたのは、DF4・ 熊谷紗希(オリンピック・リヨン/フランス)選手です。

  • 生年月日:1990年10月17日生まれ
  • 出身:北海道 札幌市
  • 高校:常盤木学園高校(鮫島彩と同じ・宮城・〝なでしこの虎の穴〟と呼ばれる女子サッカーの名門高校、サッカーのみならず勉学にも秀でており、同高には首席で入学、成績最上位者の特別クラスに在籍、「サッカーをやっていなければ東大に行っていた」と言われる人物。 )
  • 大学:筑波大学
  • 経歴:2009年浦和レッドダイヤモンズ・レディースに加入→2011年1.FFCフランクフルトに移籍→2013年フランス女子1部のオリンピック・リヨンに移籍

人気の理由は?

  • サッカー未経験者は前の方のポジションやらボランチやらに目がいくのだろうが、このメンバーでどうみても別格なのはリヨンの熊谷選手でしょう。さほど背が高くないのにリヨンで出場機会を得ている選手ですので、やはり彼女の活躍なしでは上位進出は厳しいはずです。
  • 攻守一体を目指すなでしこジャパン、ディフェンスリーダーです!ディフェンスの中でリーダー的な存在ですし、沢選手などの有名などと一緒にプレイしたこともあるので、今回のオリンピックも日本のディフェンス陣を牽引していくと思いますので注目してます。

スポンサーリンク




第4位・長谷川唯(はせがわゆい)|女子サッカーW杯2019年・注目選手

第4位にランクインしたのは、 MF14・ 長谷川唯(日テレ・ベレーザ)選手です。

  • 生年月日:1997年1月29日生まれ
  • 出身: 埼玉県戸田市
  • 高校:日出高等学校(現:目黒日本大学高等学校)
  • 大学:日本大学文理学部
  • 経歴:2009年に日テレ・ベレーザの下部組織であるメニーナに入団

人気の理由は?

  • 中盤の軸として、前回のオリンピックから活躍している姿を観て、試合に出る度に視線がいくようになりました。パスやシュートの精度が高く、若くして代表の主軸を担っているので凄く尊敬しています。そして可愛さもあるので凄く好きです。
  • 今、乗っている世代なのではないかと思います。若さと実力で活躍してくれるのではないかと期待しています。何事にもあまり動じず、マイペースにプレーにも取り組む印象があるので、大舞台でもあまり気負わずプレーしてくれるのではないかという期待があります。

海外のメディアにも取り上げられていますね。

番外編

この他にも、

FW11・小林里歌子(日テレ・ベレーザ)選手は、そのルックスが人気で、「ショートカットでボーイッシュな見た目ですが、顔は本当に可愛い女の子って感じで凄くいいと思います。以前右半月板の手術をされ、そして復帰されたそうです。怪我を乗り越えてまたピッチで活躍して欲しいですね。」といった意見や、

DF22・清水梨紗(日テレ・ベレーザ)選手は「色白でどこかおっとりとした風情で一見お嬢様風の容貌ですが、ピッチ内では大変なファイターで、右サイドバックとして体を張り続けて相手の左サイドを封じてくれる有難い存在です。屈強な外国人選手相手に彼女の奮闘が見られることに今、非常にわくわ」といった意見。

MF 17・三浦成美(日テレ・ベレーザ)選手は、「所属チーム内で「まるみ」というあだ名のあるくらいの丸顔で非常に可愛らしい雰囲気の選手ですが、攻守のつなぎを行うアンカーという重要なポジションを任されており、その正確な技術と確かな戦術眼は素晴らしいものがあります。なでしこジャパンでもそうした彼女の力を存分に発揮してくれることを心から期待しています。」といった意見や、


MF15・籾木結花(日テレ・ベレーザ) 選手は、「彼女の所属クラブである日テレ・ベレーザの大ファンで、中でもエースナンバーの10番を付けている籾木選手を最も応援しています。身長は今回招集されたメンバーの中で最も小さいですが、それを補って余りある技術と戦術眼を持った選手で、きっと世界に向けてその力を見せてくれる、そしてなでしこを勝利に導くと信じています」といった意見もありました!

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)