あなたの番です/あな番|1話・管理人殺害の犯人推理「402号室の夫婦が怪しい理由」(ネタバレ注意)

マンション「chiunque(キウンクエ)蔵前」での交換殺人ゲームに巻き込まれる殺人ミステリードラマ「あなたの番です(あな番)」(日テレ/22:30~23:25)。

その巧妙なトリックと、伏線が何重にも張られたストーリーがミステリー好きネット民の間でも大変、話題となっています。

ここでは、私個人の独断と偏見、そしてある程度の証拠を持って、まずは第1話で管理人・床島比呂志(竹中直人)が殺害された事件について榎本早苗(402号室・木村多江)と旦那の榎本正志(阪田マサノブ)課長が怪しいと思う理由について書いています。

内容には、ネタバレを含みますので視聴が楽しみという方は以下のリンクからご覧ください。

「Hulu(フールー)」は最初の2週間は無料

「Hulu(フールー)」を試してみる

犯人推理・真犯人はいるのか|ドラマ「あなたの番です(あな番)」(ネタバレ注意)

まず、第1話の犯人を推理する前に、このドラマにおける犯人全般に関しての考え方には、大きく以下の3つに分類されるかなと思っています。

  1. この殺人ゲームにおいて実行犯と脅迫犯が複数存在している。
  2. 犯人はいなくてすべてが偶発的な殺人事件と事故が一連の交換殺人ゲームに関わりがあるように見えている。
  3. 管理人がこのゲームを成立させるために全てを仕込んでいて、死亡した後もその意志を引き継ぐ者がいる。

このゲームは、「誰だって殺したい人が一人くらいいるでしょう」と言う管理人の一言から始まり、彼が死亡したことと管理人の名前を書いた人物がいたことから、藤井が「他人に殺害してもらって自分はノーリスクなんてありえない」と言った一言から偶発的に起こっています

こういう展開になることは、このマンションにいた住民には誰にも予想ができなかったはずです。それにもかかわらずこのマンションでは、次から次へと脅迫と殺人(あるいは死)が交互に連鎖し、住民がまるで心理操作されているかのようです。そして、視聴者もまるで、そのトリックに心を操られているようです。

ここまでの事件の連鎖性をこのゲームの発起人である管理人は予想することができたのでしょうか。もし、そうだとして、管理人は既に死亡しているわけですから、脅迫犯がいるとしたら管理人の引き継ぐ何者かということになります

その線は、後述するとして、まずはそれぞれの「死」はどのように説明がつくのか。ここを明らかにしないといけません。

スポンサーリンク




1話・管理人殺害の犯人推理|ドラマ「あなたの番です(あな番)」(ネタバレ注意)

まず、第1話の管理人の死についてです。

本編では、302号室の手塚夫妻が管理人の床島比呂志(管理人・竹中直人)の携帯の着信音を聴き、ベランダのカーテンを開けた時に、気を失った状態でロープに身体を巻きつけられ、逆さに吊るされた床島を発見します。

(出典:Huluより)

気を取り戻した床島は自分の置かれた状況に恐怖を感じて慌てふためくのですが、突如ロープが切れてそのままマンションの地面に頭を強打して死亡しています。

この時に考えられる、管理人が死亡した原因は3つ。

  1. 302号室の上の階にいる榎本夫妻か、もしくは502号室の赤池夫妻が事故に見せかけて管理人を殺害した
  2. 402号室の榎本夫妻のアンテナ工事をしていて転落事故死した
  3. 自殺した
  4. そのほかの誰かが殺害をした

「402号室の夫婦が管理人を殺害したと思う理由」

[2]についてですが、ロープには、身体とともにアンテナも括られているので、もしかしたらアンテナ工事をしていたのではないかと予想できます。これは、第8話までの内容で明らかになるのですが、榎本夫妻の402号室には閉ざされた部屋があり、そこではいつもラジオ音が漏れています。もしかしたら、このラジオの電波の調子が悪いと、402号室のベランダで管理人が自ら修理をしていたのではないでしょうか。この線も捨て切れません。

[1]については、榎本夫妻と赤池夫妻においても「なぜ管理人を殺害しないといけなかったのか」という動機が必要です。榎本夫妻については隠し子説があり、管理人には住民データを把握する必要があることから、隠し子の存在がバレています。口封じのために殺害した可能性はあります。しかし、赤池夫妻及び家族においては、第8話が終わった段階では、管理人を殺害する動機はありません。となれば、榎本夫妻が怪しいのですが、屋上という線も考えられ一概に犯人とは言い切れません。

ネットで多く見られた考察では、榎本夫妻は管理人の死にか関わっていて、それをカモフラージュするためにこの交換殺人ゲームを利用した。次に起こる殺人は「ドクター山際」の紙を引いており、第2話の住民会で藤井が彼に殺害動機を持っていたことを理由に、山際祐太郎を殺害した可能性はあります。

ういう事情であればこの交換殺人ゲームが偶発的に起きた理由も納得がいきますね。

スポンサーリンク




 

402号室の隠し部屋と隠し子の秘密については、こちらの記事で書いています。 あなたの番です考察|9話では402・榎本夫妻に子供が…隠す理由は?荒木飛羽が子役か

よって、[2]か[1]だとしたら榎本夫妻が容疑者に上がっていきます。

管理人は自殺したのか

[3]については、可能性は低いと思いますが、第2話で明らかになった内容によると、警察の家宅捜索によって、管理人・床島比呂志(竹中直人)宅から「病院の診断書」が発見されており、「脳腫瘍」を患っていたことが判明。病気によって気を病んで自殺したのではないかと、警察は自殺と断定しています。管理人が死亡する直前の様子を見ている視聴者からすれば、自殺の線は明らかになさそうなのですが、もしかしたら、病気のことと、この交換殺人ゲームはなんらかの関係があるのかもしれません。

そうだとしたら、このゲームを引き継ぐものの存在があるのかもしれませんね。管理人は、奈緒(301号室・尾野幹葉)との愛人関係が騒がれています。理由は、奈緒の玄関には管理人が用意したネームプレートがかけたれていたり、管理人室に奈緒のシュシュ(髪飾り)がおいてあったりするためです。

個人的には苗字が違うだけで、実は親子関係の線もなくはないのではないかとも思っています。奈緒は亡くなった父、あるいは管理人の思いを引き継いてこのゲームを進めている。。そうだとして、管理人はなぜ、このゲームを仕掛けようとしていたのか

榎本夫妻以外の誰かが殺害をした

[4]については、可能性としては、もっとも低いですが、榎本夫妻以外の誰かが殺害した可能性もあります。この時にヒントとなりそうなのは、事件の夜当日、3034号室・北川そら君が、マンションの住民の不可解な行動や光景を目の当たりにしていたカットです。

  • 車椅子が倒れている
  • シンイーとクオンとイクバル(203号室・バルビー)が他の不法滞在者らと何かから逃げている(?)
  • 榎本早苗(402号室・木村多江)の旦那・榎本正志(阪田マサノブ)が怒りながら駐車をしているのを見る

この辺りですね。それで言うと、榎本夫妻は管理人が落下した時に駐車をしていたので、落下直前に部屋にいた可能性は低いとも思われます。

MEMO

榎本夫妻が管理人を殺害しないといけない動機は何?

管理人の病気と交換殺人ゲームには関係がある?

管理人と奈緒の関係は?

管理人が病気だった、榎本夫妻に子供がいた、だとしたら子供が臓器提供を受ける必要があって…的な流れもあるでしょうか。

犬のぬいぐるみやクマのぬいぐるみも、病気の子どもだったら、納得が行くかもしれません。

402号室・榎本夫妻の秘密とは?

管理人を殺害した可能性が、もっとも高いと考えられる榎本夫妻の秘密。

子供がいるのか、いるとしたら、どのような状況にあるのか。

第9話でその真相が暴かれるのか注目です。

田宮(生瀬勝久)が“交換殺人ゲーム”で名前を書いた甲野(鈴木勝大)が殺された。田宮の書いた紙を引いたのは、菜奈(原田知世)。菜奈の代わりに誰かが甲野を殺したのか、そもそも交換殺人ではないのでは--?

菜奈は翔太(田中圭)に、引っ越ししようと提案。ゲームを止めようとしたが、朝男(野間口徹)や浮田(田中要次)のことも助けられなかったからだ。しかも、木下(山田真歩)に見せられた『302号室の人』と書かれた紙で、菜奈と翔太、どちらかがターゲットになる可能性もゼロではない。そんな中、刑事の神谷(浅香航大)と話すうち、2人は早苗(木村多江)が誰かを殺しているのかもしれないと考えざるを得なくなる。信頼していた人まで疑わなくてはならず、気持ちが沈む2人。 翔太は、犯人捜ししていることをアピールすれば次の殺人の抑止力になると言い出し、菜奈が心配して止めるのも聞かず、マンションの住民を訪ねて話を聞いていく。

開かれた住民会では、交換殺人ゲームをなかったことにする空気が流れ、戸惑う菜奈たち。
住民会終了後、菜奈は木下から、情報交換しようと持ち掛けられる。木下は早苗に関する重要な情報を持っていると言い…。

一方、推理モードの翔太が、犯人の行動を分析していると、思わぬ手がかりをつかんでしまう。そのことで、驚くべき秘密が明らかになり――!?

(引用:公式ホームページ

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)