3年A組 ネタバレ 10話(最終回)|真犯人はSNS(マインドボイス)だった。最後の授業は現代にメス入れ

ここでは、「3年A組~皆さん今から、人質です」10話(3月10日放送/最終回)の内容をまとめています。

大いにネタバレを含みますので、ご注意ください。

真犯人(黒幕)は誰だったのか…

スピンオフ動画『3年A組―今から皆さんだけの、卒業式です―』はHuluで配信

2週間は無料お試し期間あり 

Huluで『3年A組―今から皆さんだけの、卒業式です―』を視聴する

第9話の振り返り|日曜ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です」

第9話では、柊が教室に現れ、「フェイク動画で犯人になることは、すべて計画のうちだった」とすべてを打ち明けます。

影山が亡くなった日、柊は余命を宣告され、真相を暴くためには、時間がないと今回の計画を実行したという。

その目的は、

  1. 武智先生に自分が犯した過ちを知って欲しかった
  2. 立てこもった最大の理由は「 (無音でした第10話でここが判明します。) 」
  3. 今の社会は、当たり前のことに気づかないくらい感情が麻痺している。想像力を働かせて、踏みとどまって、考えること、その大切さを教師として伝えたかった

この3つでした。

「俺を教師にしてくれてありがとう。」こう言い残して、

このまま柊は郡司警官と学校の屋上へ。

茅野が、必死に止めようとするが…

自分が悪者になることで、五十嵐理事官と企てたとこを見せるという。

自らの手を汚してまでたどり着きたい真相とは?自らの身体を傷つけてまで、伝えたかったこととは?このシーンは本当に感動ものでしたね。

茅野を守る為

逢沢博己は影山を殺害した黒幕をあぶり出すために、柊の協力者となるように依頼されていた。

この時、柊は逢沢に「これは茅野を守る為でもある」こう言っていたという。

一体、どういう意味なのか。

茅野は、教室に戻ると、おもむろに「私が殺した」と告白

一方の柊は、打たれて倒れる。

この後の展開は…真の犯人は…

10話(最終回)予告動画・あらすじ|日曜ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です」

一颯(菅田将暉)が、郡司(椎名桔平)を人質に取り、マシンガンを突き付けて校舎の屋上に現れた。

世間の人々はこの一颯の凶行に注目する。とある街角、とある店の中、とある家で、この事件の行く末を見届けようとする。

そして、翌朝の8時にマインドボイスのライブ中継にて全ての真相を話す……と語った瞬間、一颯の胸に銃弾が突き刺さる。

果たして、この物語の最後に待ち受ける本当の衝撃的展開とは――。

本作が目掛け続けたこと、伝えたいこと、その全てが詰まった最終回。

一颯が、一颯を取り巻く人物たちが、立ち向かおうとした相手は誰か――。

彼が「変わってくれ」と願ったその意味とは何か――。

これまでの謎がすべて解き明かされ、そして一つの「目的」に集約されていく。

3年A組が迎える運命の10日目。是非皆さんご一緒に見届けていただければ。

(引用:公式サイト)

スポンサーリンク




「3年A組 」ネタバレ・感想|日曜ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です」

9話最終場面で射殺されたかに見えた柊ですが、防弾チョッキを着ていたために、助かりました。

ベルムズが柊の元恋人・相良文香を陥れたことを知った柊。武智大和をあぶり出すために魁皇高校の採用を受けたという。

柊に加担していた五十嵐理事官は、真の相良文香の父親だった。相楽文香の復讐もかねて、柊、五十嵐、相楽孝彦は手を組み今回の計画を企てていたのです。

その計画の目的の一つでもある「さくらを助ける」という発言。その真相とは?

茅野さくらは澪奈を殺害したのか

「私が殺した」と告白した茅野さくら。すべてを打ち明け始めた。

当時、影山澪奈はドーピング疑惑で冷ややかな目を世間から向けられていた

そのせいで人間不信になっていた。みんなが敵に見えるという。

あの日、茅野さくらは、澪奈が自殺した日に、直接会っていた。

「なんで私を責めるの?さくらは味方だってわかってる。でもダメなの。みんなが敵に見える。もう無理なんだ。」

屋上から飛び降り自殺しようとした澪奈は、「もう楽にさせて欲しい。」とさくらに訴えた

さくらは、その言葉に思わず手を離してしまう。

手を離してしまった自分をずっとずっと責めていた。

柊は「澪奈を本当に貶めたのは、茅野のせいではない。お前自身で答えを探せ。この10日間でそれを見届けろ」と諭した。

柊は、さくらの自責の念を晴らすためにこの計画をしていた。

午前8:00、屋上に現れた柊。

「すべてが終わったら屋上から飛び降りる」嫌な予感がした3Aの生徒は柊の元へ。

柊の目的「SNSによる暴力」を犯していることを気づかせるため

屋上に出た柊は、MIND VOICE(マインドボイス)で中継をした。澪奈が自殺した動画は柊らが作り出した創作動画だった。

動画を作った理由、それは、

「<けなすことを忘れない>SNSによる暴力を世に知らしめること。」

「いかに自分たちが不確かな情報に踊らされていくかを気づかせたかった。」

柊は、今回の企てをした最大の理由として「澪奈を殺害した犯人は、SNSだ。本当の澪奈を知らない奴らが殺した。MIND VOICE(マインドボイス)は、知らないうちに澪奈の心を追い込んだんだ。」このことを伝えたかったのでした。

だから、刻んで欲しいんだよ

右に倣って吐いた何気ない一言が、相手を深く傷つけるかもしれない

独りよがりによる偏った正義感が束になることで いとも簡単に

人の命を奪えるかもしれないってことを

そこにいる君に!

これを見ているあなたに!

一人一人の胸に刻んで欲しいんだよ

他人に同調するより他人をけなすより

まずは自分を律して磨いて作っていくことが大切なんじゃないのか?

ってか、そっちの方が楽しいだろ。

その目もその口も誰かを傷つけるためにあるわけじゃない。

誰かと喜びを分かち合うために誰かと幸せを分かち合うためにあるんじゃないのか?

そうだろ?

誰かと幸せを噛みしめるためにあるんじゃないのか?そうだろ!

もっと人に優しくなろうぜ!

もっと自分を大事にしようぜ!

武智大和がドーピングをしていたというフェイク動画が作り出したまではいいが、それを盲信したネットの叩き。

このせいで、澪奈は幻覚や幻聴を聴くようになった。

スポンサーリンク




考えさせられる内容でした。

すべてを告げた柊は、屋上から飛び降りよとしますが、3Aの生徒によって助け出されるのです。

https://twitter.com/belle8101/status/1104747141082243073

柊は生徒たちによって助けられた後、1年間を生き延びました。

もともと癌(がん)によって、寿命を迎えてしまうのですが、今回の授業をしなければ死ねなかったでしょう。

この最後の授業がこういうオチになるとは。

誰もが、犯人を探していたかと思うのです。まさか、それが視聴者にかえってくるとは…

SNS時代に生きる私たちに誰かが言わなければ、誰かが諭さなければいけない内容だったのかもしれません。

柊先生、ありがとう。

https://twitter.com/tukasa1812/status/1104751589116375040

https://twitter.com/Arashi617NW711/status/1104751587266768896

さて、今日で柊の最後の授業が終わってしまいましたが、

その後、柊が警察に連行され、3年A組の生徒たちが日常に戻るところから始まるスピンオフストーリーがHulu で配信です。

(日テレさん、この手をよく使いますね。)

あらすじは生徒たちがその日は卒業式だったことを思い出した矢先に、柊のパソコンから「卒業式」と名付けられたファイルが見つかり、柊が29人の生徒に向けた「最後のメッセージ」が投げかけられる、というストーリーとのこと。(引用:CINRANET

  • 前編:3月10日
  • 後編:3月17日

スピンオフ動画『3年A組―今から皆さんだけの、卒業式です―』はHuluで配信

2週間は無料お試し期間あり 

Huluで『3年A組―今から皆さんだけの、卒業式です―』を視聴する

解約は自由?

初回のみ2週間の無料トライアル期間があり、もし「料金に見合わない」と感じたら2週間以内に解約が可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です