3年A組|柊一颯(菅田将暉)先生は何の病気なの?卒倒してしまう。

日曜ドラマ「3年A組-今から皆さんは、人質です」第4話(27日放送)では、柊一颯(菅田将暉)先生は錠剤を飲んで腰を痛めるような病気を持っているようですね。なんの病気なのでしょうか。

スポンサーリンク




柊一颯(菅田将暉)先生は何の病気なの?薬漬

柊先生が2話の最後あたりから錠剤を飲んでいる姿が度々見られていました。

https://twitter.com/mei_0924_0312/status/1086979133144322053

4話までの内容では、

  • 薬を飲んでいること
  • 腰を痛めているような痛み方をしていること

などがわかっていますが、具体的にどこが悪いのか、わからないままことの真相を吐こうとしたところ、倒れてしまいました。

景山澪奈上白石萌歌という自殺者が出てしまった3年A組では彼女に対するイジメが行われていましたが、動画を撮影するように仕向けていたのは、甲斐(片寄涼太)でした。しかし、彼はダンスで活躍する夢を母親の不運な事故で絶たれてしまい、そのことを誰にも相談できずバイト漬け。金に目がくらみ、東京の半グレ集団「ベルムズ」に景山拉致に手を貸してしまう。しかし、その場面に出くわし怖くなって景山を助ける。

さらに、実際に柊先生はどの生徒の命も奪っていないことが判明。詰め寄る生徒たち。いよいよ真相がでかかったところでした。

スポンサーリンク




真の目的がなんだったのか?

最終的には澪奈に何らかの危害を加えた人物は誰だったのか?

内通者は結局、誰だったのか?

疑問を残して第5話に突入です。

今後の展開予想

柊先生は相楽文香(土村芳)という女性の動画を見ている様子です3年A組には柊先生の前にもう一人担任教師がいて、それが相良文香だったのではないでしょうか。

画の中では笑顔で前向きな様子だった彼女ですがしかし現在は高校教師を辞めて自宅に籠もり父親の相良文彦(矢島健一)面倒を見てもらっているようでした

その変わり様を見ているともしかしたら3年A組の生徒達は文香に対しても教師イジメのような事を行って彼女を退職に追い込んでいるのかもしれません

https://twitter.com/love0907_m/status/1086942285994979328

あるいは文香は澪奈の自殺について何か核心となる部分を知っておりそんな立場でありながら澪奈の自殺をみすみす許してしまった自責の念と後悔を抱えているのかも?

そしてそんな傷ついた恋人を見て柊先生は3年A組の担任になる決意をしたのだとも考えられます

また、余命宣告されている身であるからこそ、

  • 彼女に代わって生徒達を導き恋人の無念を晴らすそう、自分達がしたこと意味を分からせようと授業をはじめた
  • また、魁皇高校の生徒たちに命の尊さやそれが簡単に無くなってしまうこと
  • 直接的な暴力ではなくインターネット上で簡単に他人事の様に呟かれる言葉の暴力の怖さ

などをこの学校の生徒や卒業を控えこれから社会に旅立つ三年生に向けて、心から変わって欲しいという想いを伝えたかったのではないでしょうか。

スポンサーリンク




視聴者の反応

もし、余命がわずかだとしたら、最後の3月10日の授業まで先生は生徒を見送ることができるのか。最後の授業までいてほしいという思いが強いですね。

https://twitter.com/sangonouni/status/1089530345106493441

スポンサーリンク




1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)